連絡先がわからない場合

職員に判断してもらおう

水道のどこでトラブルが起こっているのかわからない場合は、水道局に連絡するのが良い方法です。
被害を伝えると、水道局が修理を担当できる場合はすぐ自宅に来てくれますし、担当外だった場合はその旨を伝えてくれます。
誰が担当できるのか教えてもらえるので、どこに連絡すれば良いかわからない時は頼ってください。

ずっと迷っていると、その間にもトラブルが大きくなってしまいます。
困った時に相談に応じてくれるのが水道局なので、遠慮しないでください。
連絡を受け付けているのは、基本的に平日の朝から夜までです。
地域によって変わるので、事前に確認しておきましょう。
しかし緊急時は、24時間年中無休で対応してくれるところもあります。

正確に判断してもらうため

水道局に被害状況を伝える時は、わかりやすく説明することを意識してください。
具体的な情報があれば、職員はすぐどこでトラブルが起こっているのか見極めて、修理を担当できる場所を紹介してくれます。
情報が少ないと、間違った判断をしてしまうかもしれません。
それでは職員に相談した意味がないので、どのような被害がいつから起こっているのか、詳しい情報を伝えましょう。

水道にトラブルが起こると、パニックになる人も見られます。
早く修理しなければいけないと焦っていると、うまく状況を説明できないかもしれません。
パニックになる気持ちもわかりますが、冷静になってから水道局に連絡してください。
被害状況をメモに書くと、自分で整理しながら説明できます。