水のトラブルを解決しよう

メーターからの距離

トラブルが起こって修理が必要になったら、どこが問題なのか詳しく調べてください。
メーターから排水管までの部分でトラブルが起こったら、水道局が工事を担当できます。
被害を放置するわけにはいかないので、すばやく連絡してください。
常に、水道にトラブルが起こっていないか確認しながら使うと良いですね。

初期の段階で気づいて、修理してもらえば被害が最小限で済みます。
また、無理に自分で修理しようと思わないでください。
水道に関する専門的な知識を持っていない人が勝手にいじると、余計に被害を大きくしてしまう可能性があります。
確認して自分の手に負えないと思ったら、すぐ水道局に相談しましょう。
すると職員が来て、対応してくれるはずです。

被害が悪化する前に

まだ少ししかトラブルが起こっていない時は、水道局に連絡しなくても良いと思ってしまう人がいるでしょう。
しかし被害は、放置すると悪化します。
気づいた頃には室内が水で濡れて掃除が大変になりますし、水が1日中ずっと流れている状態なので代金も高くなります。
後回しにしないで、早く連絡することを必ず守ってください。

また目に見えなくても、異変が起こっていることもあります。
水の勢いが弱かったり、心当たりがないのに水道代がいつもより高くなったりしている時は、どこかでトラブルが起こっているのかもしれません。
請求書に、毎月きちんと目を通しましょう。
すぐ連絡して修理してもらえば工事も短期間で済むので、こちらの負担も減ります。